なぜ偏頭痛が慢性化してしまうのか?

sp_tel.png
なぜ偏頭痛が慢性化してしまうのか?

頭痛の中でも特に多いのが「偏頭痛」で、慢性化しないためにも早めの処置をおすすめします。こちらでは、偏頭痛が慢性化する理由をご紹介します。

市販頭痛薬の使いすぎ

市販頭痛薬の使いすぎ

偏頭痛の治療は薬物療法が中心となっており、頭痛発作の時に服用する「急性期治療薬」と、発作を起こりにくくする「予防薬」があります。

急性期治療薬で使われる治療薬は、病院から処方されるものと市販のものがあるのですが、偏頭痛が慢性化した方の約半分は、市販頭痛薬の飲みすぎが原因とされています。頭痛薬は月に10回未満の使用であれば問題ありませんが、使いすぎてしまうと、

薬剤の使いすぎによる「薬物乱用頭痛」を招く可能性があります。そのため、頭痛薬は適切な方法で使用することが大切です。

頭痛を引き起こすきっかけ

薬によって頭痛が慢性化した場合、日常生活のささいな刺激、ストレスから解放された時などに痛みが起こりやすくなります。

音、光、臭い、温度差

偏頭痛は、明るい光や耳障りな騒音、人込み、嫌な臭い、強すぎる香水、タバコなど、日常生活のささいな刺激に反応します。また、冬場に熱いシャワーを浴びたり、夏に暑い場所から冷房のきいた部屋に入ったりするなど、急激な温度差によって痛みが起こることもあります。こういった刺激は、偏頭痛を引き起こす原因になるだけでなく、痛みをさらに悪化させることもあります。

緊張からの開放

緊張によって細くなっていた血管が、緊張から解放され一気に拡がることで頭痛が起こる場合もあります。そのため、責任重大な仕事が一段落した時や悩みごとが解決した時など、極度の緊張状態から開放された時に頭痛が起こる方もいます。こういった頭痛は「週末頭痛」とも言われ、平日に仕事で強いストレスを感じている男性に多いようです。

偏頭痛、肩コリ、腰痛などにお悩みの方は、とよさき整体院へお越し下さい。豊見城市にあるとよさき整体院では、整体・ピラティス・酸素カプセルのメニューをご用意しており、お客様に合った施術方法でお身体のお悩みを改善していきます。痛くない施術を心掛けていますので、セルフマッサージでなかなかコリが改善しないという方もお気軽にお越し下さい。豊見城市はもちろん、豊見城市周辺にお住まいのお客様も大歓迎です。

美容やケガに酸素カプセル治療【とよさき整骨院】 概要 /沖縄県豊見城市

院名 とよさき整骨院
所在地 〒901-0225 沖縄県豊見城市豊崎1-423 オアシスZERO豊崎101
電話番号 098-856-3363
URL http://www.toyosaki-chiryouin.com/
業務内容 肩こり、四十肩、五十肩、腰痛、ヘルニア、ギックリ腰、偏頭痛等の治療。ピラティスによる体幹トレーニング。酸素カプセル。
説明 沖縄県豊見城市のとよさき整骨院では、疲労回復や美容にもおすすめの酸素カプセルによる治療やピラティスによる施術を行っている整体院です。

酸素カプセルやピラティス施術がある沖縄の整体 とよさき整骨院

接骨院・整骨院ガイド
TEL:098-856-3363